Departmental Bulletin Paper 因果関係に着目する見方・考え方を育む授業の考察 : 「うごくおもちゃを作っていっしょにあそぼう」(2年)の実践を通して

石井, 信孝

7pp.95 - 102 , 2017-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
Description
本研究の目的は,子どもたちに因果関係に着目する見方・考え方を育成するための授業の方策について,おもちゃ作りの授業を事例に考察することである。授業実践を行い各時間の振り返りカード及びアンケートを収集した。そして,その中の因果関係に着目した記述の整理と考察を行った。その結果,次の4つの方策を講じることで,子ども一人ひとりが選択したおもちゃを作る活動においても,複数の働きかけを比較して因果関係に着目していることが示された。その4つの方策は以下のとおりである。①因果関係に着目した際に,どのような言語表現を行うか予め想定する。②因果関係に着目できる共通のおもちゃ作りの単元と関連を図る。③話型を利用し,働きかけと結果に着目させ,言語表現することを促す。④子どもどうしの相談・手助けを促す。
The purpose of this study is to discuss pedagogical methods to develop students' perspectives and ideas through a causal relationship in practice of a class where students make their own moving toys. In this research, the researcher conducted classes and collected self-report sheets and questionnaires at the end of every class. The result suggests that students employed four pedagogical methods and compared some causes concerning a causal relationship in an activity where students make their own toys. The four pedagogical methods are as follows: 1) To consider what kind of linguistic expression to use focusing on a causal relationship. 2) To associate this unit with the units about making toys which also acquire students to look at a causal relationship. 3) To express words by focusing on a causal relationship and utilizing narrative structures. 4) To encourage students to help each other.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/43064/20170530142844207594/MiharaEIKenkyukiyo_7_95.pdf

Number of accesses :  

Other information