Departmental Bulletin Paper 事象を科学的な見方・考え方で説明する授業開発 : 第5学年「電流がうみ出す力」の実践を通して

柘植, 一輝

7pp.89 - 94 , 2017-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
Description
本研究の目的は,電流が流れている導線はすべての場所から磁力が発生することから,電流には磁力を発生させる働きがあることをとらえるとともに,コイルの巻き数と電磁石の強さとの関係を科学的な見方や考え方で説明できるようにすることである。小学5年生「電流のうみ出す力」の単元において授業開発・実践を行い,質問紙調査への回答から学習効果を考察した。その結果,電流を流した導線は全体から磁力が発生していることをとらえることができた。また,コイルの巻き数と電磁石の強さの関係を導線から発生する磁力を根拠に説明することができた。一方,コイルの巻き数を増やすことで電流が強くなったり,電流が鉄心に伝わったりすると考えている子どもがいることが明らかとなった。電流には磁力を発生する働きがあるという理解まで結びつけることはできなかった。
The purpose of this study is to enable students to understand that electric current produces a magnetic field by knowing the occurrence of magnetic field in a whole wire where electric current flows, and explain the relationship between a number of turns in the coil and electromagnetic force from scientific perspective and ideas. A lesson was developed, conducted in the unit "Power Produced by Electric Current" in the fifth grade of elementary school, and then investigated the learning effect through a questionnaire. Alternatively, students managed to understand a magnetic field was generated in a whole wire where electric current flows and explain the relationship between a number of turns in the coil and electromagnetic force on the ground of a magnetic field produced in a wire. This result suggests that some students considered a greater number of turns in the coil made electric current stronger, and let electric current flow the iron core. Altogether, students were unable to understand that electric current produces a magnetic field.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/43063/20170530135827945179/MiharaEIKenkyukiyo_7_89.pdf

Number of accesses :  

Other information