紀要論文 特別支援学校高等部進路指導担当教員の知識・スキルの活用度及び満足度の関連に関する研究
The Relevance between Satisfaction and Frequency with Transition Teachers’ Competencies in Special Needs Schools’ School-to-Work Transitions

藤井, 明日香  ,  川合, 紀宗  ,  落合, 俊郎

(15)  , pp.23 - 31 , 2017-03-14 , 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN:1883-5406
NII書誌ID(NCID):AA12383831
内容記述
本研究は,特別支援学校高等部進路指導担当教員(以下,進路教員)の望ましい知識・スキルの獲得とそれらの知識・スキルの活用度及び満足度との関連性を検証することを目的とした。全国の特別支援学校(知的障害)高等部492校の進路教員492名を対象に自記式質問紙調査を行った。結果,「現場実習」と「職業開拓」の両方の知識・スキルを既得している教員は,そうでない教員と比較してその知識・スキルの活用度が高く,また自身の知識・スキルに対する満足度も高いことが明らかになった。また望ましい知識・スキルの獲得状況に関わらず,知識・スキルの活用度が高いとそれらに対する進路教員の満足度も相関して高くなる傾向があることが明らかになった。
The aim of this paper was to verify the relevance between satisfaction and frequency with transition teachers’ knowledge and skills in special needs schools’ school-to-work transition. A questionnaire was sent to a total of 492 transition teachers belong to 492 special needs school for intellectual disabilities, for collecting data of transition teachers’ level of their knowledge and skills, satisfaction of their knowledge and skills, Frequency of their knowledge and skills on serving school-to-work transition.These data were using Pearson’s correlation coefficient and analysis of variance. As the result, transition teachers with high expertise indicated higher satisfaction and frequency of using their knowledge and skills comparison with the other teachers. In spite of the level of transition teachers’ expertise, frequency of using their knowledge and skills have a significant correlation with their satisfaction levels.
本論文は広島大学大学院平成23年度博士学位論文「特別支援学校(知的障害)高等部進路指導担当教員のコンピテンシーに関する研究―就業支援に関する知識・スキルに着目して―」の一部を加筆修正したものである。
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42878/20170427113204912681/CSNERP_15_23.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報