学術雑誌論文 栃木県渡良瀬遊水地におけるコウライギギ Tachysurus fulvidraco (ナマズ目ギギ科)の標本に基づく記録
Record of Tachysurus fulvidraco (Siluriformes: Bagridae) based on specimens from Watarase Retarding Basin in Tochigi Prefecture, central Japan

新田, 理人  ,  石川, 孝典  ,  長澤, 和也

71pp.259 - 263 , 2017-1-20 , 日本生物地理学会
ISSN:0067-8716
NII書誌ID(NCID):AN00193863
内容記述
栃木県の渡良瀬遊水地(利根川水系)で得られたコウライギギを標本に基づいた記録として報告する.ミトコンドリアDNA解析の結果,得られた標本のハプロタイプは霞ヶ浦で報告されているハプロタイプのひとつと一致し,渡良瀬遊水地で採集されたコウライギギの起源は同一であることが示唆された.また現在,渡良瀬遊水地で行われる漁業で本種は継続的に混獲されていることから,当地に定着して再生産していることが示唆された.
Tachysurus fulvidraco is reported from Watarase Retarding Basin of the Tone River system in Tochigi Prefecture, central Japan, based on six specimens. Their haplotype of mitochondrial DNA is accorded with one of those reported from the fish caught in Lake Kasumigaura, Ibaraki Prefecture, central Japan, and the specimens collected in the basin appear to have the same origin. Recently, the species is continuously caught by fishermen in the basin, suggesting its establishment and reproduction there.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42841/20170426102836447570/BiogeographSocJ_71_259.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報