Journal Article 「その子なりの論理」を活かした教育の開発に向けて : 論理療法を援用して <実践論文>
Development of an Education that Takes Advantage of "Children's Logic" : With the Aid of Rational Emotive Behavior Therapy <Practical Research>

春木, 憂

(5)  , pp.57 - 67 , 2017-03-31 , 初等教育カリキュラム学会
ISSN:2187-6800
NCID:AA12611299
Description
小学校現場においては,様々な児童が存在し,互いにかかわり合い,その中で齟齬を来すことがある。そして,それを乗り越えられずに迷ったり苦しんだりする。論者は,こういった児童の抱える課題の解決を目指した教育の在り方を見出すことを研究課題としている。このことについて,国語科における説明的文章の授業を工夫することで,一定の成果は見られたが,根本的な課題の解決には至らなかった。そこで,基礎となる理論の再検討を行った結果,論理療法を援用することとし,それによる実践を試みた。本稿は,以上の経過を,実践の概要と結果,課題の乗り越えを中心に報告するものである。成果として,「その子なりの論理」にアプローチすることが必要であるとした。また,今後の課題として,「その子なりの論理」に合わせた有効なアプローチを検討することとした。
Elementary schools are attended by a diverse population of children, who inevitably encounter and come into conflict with one another. The failure to cope with such conflict can lead to worrying and a lack of self-confidence. Research is necessary to identify educational solutions to this problem. An attempt to devise a lesson using explanatory texts saw a certain degree of success but did not lead to a resolution of the fundamental issues. A consequent re-examination of the underlying theory has led to the practice and construction of an educational practice theory that incorporates Rational Emotive Behavior Therapy. The purpose of this paper is to present a summary and the results of the implementation of this. To solve the problems described above, it was necessary to break with previous approaches to teaching and to approach education in such a way as to use "children's logic." Future challenges include grasping the realities of "children's logic" and treat it as a valid approach.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42791/20170421101043396410/JEEC_5_57.pdf

Number of accesses :  

Other information