紀要論文 異教科で協働できる教員を育成するための実践的研究(1) : 教科教育学専攻の共通科目の始動を通じて

柳瀬, 陽介  ,  樫葉, みつ子  ,  北臺, 如法  ,  木村, 彰孝  ,  草原, 和博  ,  齊藤, 一彦  ,  佐藤, 大志  ,  鈴木, 明子  ,  田中, 秀幸  ,  蔦岡, 孝則  ,  徳永, 崇  ,  長松, 正康  ,  濱本, 恵康  ,  深澤, 清治  ,  間瀬, 茂夫  ,  村上, かおり  ,  八木, 健太郎

内容記述
本研究は,平成28 年度より始まった「教科教育学専攻」における新しい共通科目(「教科教育学研究方法論」,「教科教育学融合プロジェクト」,「教科教育学の実践的展開」,「教科教育学の実践的検証」)が始動する際に得られた知見を分析・考察し報告するもので,その全容は平成29 年3月に公開予定のホームページで公表される。本報告書は,その研究の要旨を,(1) 経緯について,(2) 各教科について,(3) 実践からの考察,(4) 理論からの考察,(5) 学生の振り返りからの考察の五点から述べる。
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42729/20170411133609498557/HUEdu_Bull-KyodoKenkyuPro_15_57.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報