学術雑誌論文 初等社会科における社会統合カリキュラム : 米国・シカゴ大学実験学校レイ教諭による実践をもと

阪上, 弘彬

(5)  , pp.125 - 132 , 2017-03-31 , 学習システム促進研究センター (RIDLS)
ISSN:2189-9487
内容記述
 本稿では,2016 年7 月2 日および5 日に広島大学学習システム研究センター主催で行われた講演会「アメリカの教育改革と学校教育の再設計-シカゴ大学実験学校の21 世紀型学習-」におけるロブ・レイ教諭の発表「小学校のクラスにおける社会科の統合」および同教諭の編著本Homework Done Right: Powerful Learning inReal-Life Situations をとりあげ,「統合カリキュラム」,「統合カリキュラムとしての社会科の学習内容」,そして「教室と社会・生活をつなぐ学習」の3 つの視点から報告・紹介するものである。3種類の統合カリキュラムの中でも,健全型統合は,子どもの達の社会やコミュニティにおける生活や経験をもとにした社会科の内容や考え方だけでなく,読みや計算の力の活用もまた求めており,社会に関する学習やよい市民の育成が,社会科の枠,時には学校での学習を超えて行われるものであることを示していた。また編著本所収の宿題「選挙人登録により拡大する民主主義」における学習・課題は,子どもたちの「主体的・対話的で深い学び」の保障をするものであった。
This article aims to report on and introduce Rob Ley’s speech “Integrating Social Studies in the Elementary Classroom,” organized by the Research Initiative for Developing Learning Systems (RIDLS) on July 2 and 5, 2016, and his collectively written book Homework Done Right: Powerful Learning in Real-Life Situations. The article reviews Ley’s work from three educational viewpoints: the “curriculum integration,”“integrated social studies curriculum,” and “education connecting the classroom and the society.” Healthy integration of social studies, one of the three types of integrated curriculum, requires teachers to use not only the perspectives of social studies based on children’s/students’ life and experience in a community and/or society, but also to include reading/writing skills and mathematics in lessons. Lessons designed to help students understand society and develop into better citizens include assignments that are completed outside of school, as well as in social studies classes. In addition, a Social Studies assignment titled “Extending Democracy via Voter Registration” in the book promises a “subjective, discussion and in-depth learning experience for students.”
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42667/20170331092150962467/TRDLS-jpn_5_125.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報