Journal Article シカゴ大学実験学校におけるデューイ教育思想の継承と今日的意義 : シルビー・アングリン校長による講演を踏まえて

中村, 和世

(5)  , pp.115 - 123 , 2017-03-31 , 学習システム促進研究センター (RIDLS)
ISSN:2189-9487
Description
本稿は,2016 年7 月2 日・5 日に広島大学学習システム促進研究センター(RIDLS)の主催で開催された講演会である「アメリカの教育改革と学校教育の再設計-シカゴ大学実験学校の21 世紀型学習-」でのシルビー・アングリン校長による発表を踏まえて,今日のシカゴ大学実験学校がジョン・デューイの教育思想をどのように継承し教育実践を進めているのかについて検討することを目的とする。実験学校小学校の運営方針の特徴について,①教育理念,②カリキュラム,③教師の専門性に焦点を当てて検討するとともに,実験学校で開発されている21 世紀型学習について実践事例である「遊び場の建設プロジェクト」の分析を通してデューイ教育思想との関係を明確化している。結論では,次期改訂の学習指導要領の方向性を踏まえながら,実験学校の今日的意義について考察した。
This paper aimed to investigate how today’s University of Chicago Laboratory Schools succeeds with John Dewey’s educational philosophy and promotes educational practices, based on a presentation by Principal Sylvia Anglin at the lecture conference “American Educational Reform and Redesign of School Education—21st Century Learning at the University of Chicago Laboratory Schools” hosted by the Research Initiative for Developing Learning Systems (RIDLS) at Hiroshima University on July 2 and 5, 2016. For the characteristics of operation policy of the Lower School at the University of Chicago Laboratory Schools, in addition to investigating with a focus on (1) educational philosophy, (2) curriculum, and (3) teacher expertise, I also clarified the relationship with Dewey’s educational philosophy through analysis of the “Playground Construction Project,” which is a practical example of 21st Century Learning being developed at the Laboratory Schools. In conclusion, I discussed the contemporary significance of art education based on the direction of the next revision of the course of study guidelines.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42666/20170331091332643220/TRDLS-jpn_5_115.pdf

Number of accesses :  

Other information