学術雑誌論文 日本における多文化教育の論争点と課題 : 複アイデンティティ形成に焦点を当てて

池野, 範男

(5)  , pp.45 - 58 , 2017-03-31 , 学習システム促進研究センター (RIDLS)
ISSN:2189-9487
内容記述
 本稿は,日本の国際理解教育に関連した領域においていくつかの典型的な教育実践を取り上げ分析することにより,日本の多文化的な教育の現在の状況を解明し,そこで生じている論争点と課題を確認しようとしたものである。国際理解に関連した教育における各々のタイプの特徴を解明した。特に,文化とアイデンティティの取り扱いに焦点化し,各タイプの教育におけるそれらの取り扱いの相違と差異を明らかにした。 日本では国際理解に関連した教育は,狭義の国際理解教育から出発した。その後,グローバル教育,異文化教育,多文化教育へと発展してきたが,その特徴は多様性であった。特に多文化教育に代表されるように,社会における文化の多様性に着目し,文化の要素の複数性とともに,多様性と複数性の2つが重要なものであると理解していた。しかも,その文化の複数性が個々人の内面にも作用していることまで研究を発展させている。文化が及ぼすひとの内面性としてのわたしの複合化は,文化とひとの複合化によって,アイデンティティの複数性(複アイデンティティ)を創り出し,わたしのなかに多様なわたしとそのアイデンティティを顕わにし,その対立・葛藤を生み出し,調整を必要としている。日本の国際理解教育に関連する教育はこの問題にどのように対応するのかが現在のひとつの重要な課題となっている。
This paper aims to clarify the current situation of multicultural education in Japan, based on analysis of typical teaching practices in the area related to education for international understanding in Japan, and to identify debates and arising issues. It has clarified the specific characteristics of each form of education. In particular, it focused on differences between each type of education in terms of the way each type addresses culture and identity.The starting point of the area related to education for international understanding in Japan was education for international understanding, which developed into global education, intercultural education and multicultural education, with a feature of this development being its diversity. In particular, as represented in multicultural education, the focus is on cultural diversity in society, along with plurality of cultural elements, and it can be understood that the 2 aspects of diversity and plurality are important. What is more, research has developed to the point of demonstrating the effects of this cultural plurality on individuals’ inner selves. Our complexity as individuals whose inner beings are influenced by culture leads to the formation of identity plurality (pluri-identities) through the compounding of cultures and people, exposing the diverse selves within the self and the identities of those selves, and leading to tension and conflict that need to be managed. The issue of how education related to education for international understanding addresses these problems is an important contemporary issue to be discussed.
本論文は,Theory and Research for Developing Learning Systems ,Vol.3 所収の英語論文“The Issues and Problems of Multi-Cultural Education in Japan”pp.27-41 の日本語訳論文である。
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/42660/20170330190847506592/TRDLS-jpn_5_45.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報