学術雑誌論文 国語科「読むこと」教材のあり方 : 小中学校学習指導要領にみる教科書教材ならびに教科書外教材の位置づけの変遷を踏まえて

舟橋, 秀晃

1pp.161 - 171 , 2015-03-16 , 大和大学
ISSN:2189020X
内容記述
本論では,「読むこと」教材を教科書のみに頼る授業が今も多い中,教科書外教材も生かす授業づくりのために,教科書教材・教科書外教材の位置に関する小中学校学習指導要領の変遷と過去の議論での論点を調べ,今後の検討の方向性を示した。学習指導要領上は1947年版試案から1968-69年版まで,多様な図書等・資料の使用を求める文言があった。1998年版以降は教材種別が再び多様に示されたが内容・形式両面で以前とは違いがあり,経験主義の復活ではなく社会的構成主義の影響と見なすべきである。『国語教育基本論文集成』第7巻(明治図書)所収の36論考に見られる戦後の議論には,教材の系統化を一層求める主張と,教科書外からの教材の追加や学習者の言語生活に沿った教材の多様化を一層求める主張の両方がある。ただしいずれの主張も同じヴィゴツキー理論の影響下にあるため,両立にはその理論の受容のあり方を検討する必要があろう。
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/40817/20160830134804248319/JournalYU_1_161.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報