紀要論文 中学生のコミュニケーション傾向に関する研究 : 学業における自己効力感との関係に着目して
Student tendencies in communication : self-efficacy in schoolwork

伊藤, 友美子  ,  中條, 和光  ,  森田, 愛子

47pp.107 - 114 , 2016-03-18 , 広島大学附属東雲中学校
ISSN:1344-1531
NII書誌ID(NCID):AN00307623
内容記述
社会において様々な集団に属している私たちにとって,コミュニケーションは必要不可欠である。本研究では,生徒の学業における自己効力感と学校生活でのコミュニケーション傾向の関係を明らかにすることを目的とした。その結果,自己主張に消極的な生徒は,攻撃的な生徒よりも学業における自己効力感が低いなど,学業における自己効力感とコミュニケーション傾向との関連が示された。
Communication skills are necessary because humans belong to many different social 'groups'. The focus of this study was students’ self-efficacy with respect to schoolwork. This study aimed to investigate differences in communication tendencies at school with respect to students’ self-efficacy in schoolwork. It was found that self-efficacy in schoolwork and communication are to some extent related. For example, non-assertive students (failing to express one’s honest feelings) had lower self-efficacy related to approval of their schoolwork than aggressive students (forceful type of argumentation).
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39569/20160406113047217825/JourJrhighEdu_47_107.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報