Departmental Bulletin Paper 函数観念を育成することを目的とした授業づくり : 函数観念の育成につながる4つの姿を引き出す学習活動を仕組むことを通して
Creating Classes for Developing the Concept of Functions : A System of Learning Activities for Drawing out Four Qualities Tied to Nurturing the Concept of Functions

藤原, 功達  ,  鈴木, 昌二  ,  端山, 文子  ,  有田, 博美  ,  植田, 敦三  ,  松浦, 武人

(44)  , pp.239 - 247 , 2016-03-24 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NCID:AA11551679
Description
本研究は,数・量・図形的要素を見出し,どのような関係があるのかを考え,そこにきまりを発見していく力を育成するために以下の研究を進めた。昨年度は,函数観念の育成につながる授業の中で引き出したい4つの姿である,①事象の中に数・量・図形的要素を見つけようとする姿,②どのような関係かを考えていこうとする姿,③関係の中にある法則を見つけようとする姿,④事象を関係で見ていこうとする姿を発達段階ごとに設定し,その4つの姿を引き出すことを目的とした学習活動を仕組む授業実践を積み重ねた。さらに,本年度は,「関数の考えの指導」の関数の考えの背景となる「物事を動的に見ようとする態度」に焦点をあて,4つの姿を引き出すこととする。それらの取り組みを小学校と中学校で統一して取り組むことで「中一ギャップ」や算数・数学への円滑な移行ができると考えた。その結果,単元の事前と事後,昨年と今年とでは4つの姿をについて,どの項目についても肯定的な回答であった。また,教師が意図的に関数の考えを授業の中で取り扱っていくことが,子どもに「関数の観念」を育んでいく上で効果的であり,小・中学校で統一した指導も可能であることが分かった。
This study was conducted, as a means of nurturing the ability to discover set facts when seeking out numerical, volumetric, and graphical elements in pondering relationships. Last year, four of figure you want a drawer in the class, which leads to the development of the function concept has been pulled out. This year, the focus was placed on “attitudes for seeing things dynamically”, as a precursor to thinking about functions, and the instruction thereof. It was felt that unifying these efforts in elementary and junior high schools would relieve the “first-year gap”. The result of these efforts was a positive response to all four qualities in both years, before and after the teaching units. In addition, teachers’ deliberate treatment of the idea of functions in classrooms was effective in engendering the “concept of functions” in children, showing that it is possible to have a unified way of teaching in elementary and junior high schools.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/40485/20160628132639195492/AnnEducRes_44_239.pdf

Number of accesses :  

Other information