紀要論文 幼小中一貫校における通教科的能力を位置づけた国語科の学習開発 : 仲間とともに課題解決に向けて学習を進め,言語感覚を豊かにし,自分の生き方についても考える子どもの育成
Developing Trans-Curriculum Learning of Japanese Language Arts in a K-9 Integrated School : For Nurturing Each Student’s Language Sense and Thought about their Own Life Through Collaborative Work with Peers

杉川, 千草  ,  君岡, 智央  ,  西木, 英里  ,  石川, 嘉一  ,  山元, 隆春  ,  田中, 宏幸  ,  佐々木, 勇  ,  小西, いずみ

(44)  , pp.203 - 209 , 2016-03-24 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NII書誌ID(NCID):AA11551679
内容記述
本研究は,幼小中一貫校としての特色を生かして,通教科的能力を位置付けた国語科の学習開発を行うことによって,新領域「希望(のぞみ)」との関連を明らかにすることを目的としている。本年度は,幼稚園における言葉の育ちを見とり,小学校での国語科の授業に生かすことによって,幼小期の通教科的能力の育成のあり方について検討し,幼小中12年間を見通した通教科的能力の育成につなげていった。小学校2年生では「スイミー」を,小学校3年生では「モチモチの木」を教材にし,幼稚園児および中学生の読みの解釈を踏まえて授業のねらいを設定した。結果として,読みの系統性を踏まえた課題設定を通して上位学年の読みに近づく学習活動により,通教科的能力の育成に資することができた。
The purpose of this study is to clarify the relationship between “NOZOMI (a Japanese word meaning hope or wish) as a new subject in our school, and our developing literature units for nurturing students’ learning abilities beyond school subjects. After analyzing and interpreting literary texts, including two famous Japanese texts in textbooks for elementary Language Arts from infants’ view, the teaching objectives were determined for lessons aimed at nurturing students’ abilities to adapt to any situation. Based on the outcomes of the lessons about SWIMMY (by Leo Leoni) and THE TREE OF COURAGE (by Ryusuke Saito), the effects on students’ learning abilities were revealed. To develop “NOZOMI” related learning, it would be important to implement learning activities with the task settings following the ladders for reading development so much.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/4/40481/20160628131135974423/AnnEducRes_44_203.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報