Departmental Bulletin Paper 幼稚園教育実習における幼小連携に関する研究 : 自ら学ぶ意欲を育む教師のかかわりに着目して
A Study of Cooperation of a Kindergarten and an Elementary School for Through Practice Teaching Guidance In Kindergarten : Attention to the Relation of a Teacher Bringing up Will to Learn by Voluntarily

広兼, 睦  ,  池田, 明子  ,  森田, 水加穂  ,  佐原, 美穂  ,  大上, 輝明  ,  石田, 浩子  ,  井上, 弥  ,  朝倉, 淳

(44)  , pp.193 - 201 , 2016-03-24 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NCID:AA11551679
Description
本研究は,初等教育教員養成コースに所属している学生による幼稚園教育実習生が,幼小連携という観点から実習を行うことによる効果を考察することを目的とする。特に,今年度は幼稚園・小学校共通に求められる“自ら学ぶ意欲を育む”教師の支援のあり方に着目し,指導教員の指導のあり方を追究する。研究の方法としては,大学4年生の教育実習生と幼稚園指導教員を対象に質問紙調査を実施し,比較検討を行った。結果としては次の2点である。1点目の幼小の共通点としては,自ら学ぶ意欲を育むために,子どもに対する肯定的な声かけや,子どもの思いを丁寧に見取ろうとする真摯な姿勢などが大切であることが分かった。2点目の幼小の差異点としては,自ら学ぶ意欲を育むために,子どもの興味・関心を生かすことが大切だが,その生かし方に関しては,生かす場面やタイミングの違いなどがあるということが分かった。今後も子どもの興味を引き出す学習スタイルや指導方法に関しての研究を進めていくことが期待される。
This study investigated changes of kindergarten teacher student teachers during teaching practice at the affiliated kindergarten. This report focused on the teachers’ support, which fostered children’s motivation to learn by themselves. Self-learning motivation is required even at elementary schools. Fourth grade university student answered some open-ended questions.The main findings are as follows:(1) It is important to observe and understand carefully what a child feels and thinks;(2) There are differences between kindergartens and elementary schools in the situation and timing of intervention for fostering children’s motivation to do something by themselves.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/40480/20160628130810994355/AnnEducRes_44_193.pdf

Number of accesses :  

Other information