Departmental Bulletin Paper 教育実習における効果的な指導のあり方に関する研究 : 数学的活動の位置付けに関する指導について
A Study on Effective Support of Pre-Service Teachers in Practice Teaching : Focused on Students’ Mathematical Activity in Mathematics Lesson

井上, 芳文  ,  袴田, 綾斗  ,  吉田, 将康  ,  青谷, 章弘  ,  喜田, 英昭  ,  砂原, 徹  ,  富永, 和宏  ,  橋本, 三嗣  ,  森脇, 政泰  ,  河嵜, 祐子  ,  小山, 正孝  ,  下村, 哲  ,  影山, 和也

(44)  , pp.55 - 64 , 2016-03-24 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
本研究は,教育実習生の現状を調査し分析することを通して,教育実習における効果的な指導のための知見を得ることを目的としている。教育実習生に対して数学的活動の認識に関するアンケート調査を行い,提出された学習指導案とともに分析することによって,教育実習生が授業を構成する際の困難性について,特に数学的活動の位置付けに焦点を当てて考察を行った。数学学習における数学的活動の意義や現代の社会において求められる教員養成の役割に照らしてみるとき,教育実習においては次のような指導が効果的であることが示唆された。 ①授業の中で位置づけることが可能な数学的活動のタイプを特定させること ②数学的活動との関わりで学習者の反応を捉えさせること ③授業の中の情報共有の場面に意味を持たせること ④教育実習生同士での議論を活性化させること
This study aims to provide suggestions about effective support in practice teaching by analyzing a survey of pre-service teachers. We discussed their difficulties in planning a mathematics lesson from the perspective of the construction of mathematical activities. We surveyed their conception of mathematical activities and analyzed their lesson plans. The results imply effective support is required in practice teaching as below:1) Specifying possible mathematical activities in mathematics lessons2) Understanding students’ reactions by referring them to mathematical activities3) Making some situations of information-sharing meaningful in mathematics lessons4) Activating the arguments among pre-service teachers

Number of accesses :  

Other information