紀要論文 中学校国語科におけるアクティブ・ラーニングの開拓 : 「冥王星が「準惑星」になったわけ」(渡部潤一)を起点として
Developing Active Learning in a Junior High Japanese Class : By Examining the Process and Outcomes of a Unit Composing Reading Activities of Expository Writings

山元, 隆春  ,  居川, あゆ子

(14)  , pp.43 - 54 , 2016-03 , 広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
ISSN:1883-5406
NII書誌ID(NCID):AA12383831
内容記述
本論文は,国語科の「読むこと」の学習指導における「アクティブ・ラーニング」の実践形態を実践的に探究するものである。国語教科書教材「冥王星が「準惑星」になったわけ」を起点とする単元の実践とその検討を通して,そのことによって,学習者のさまざまなニーズに応じた,多様な学びを成り立たせる国語科での「アクティブ・ラーニング」成立の条件を探った。
In this paper, a plot of lesson for eliciting students’ active learning was constructed and examined the process and outcomes of the unit and lessons implemented in any junior high Japanese classes. Any conditions for creating active learning in the context of learning reading any Japanese expository texts as follows; finding out many texts for evoking each student’s interests; showing appropriate tasks linking each student’s everyday life; struggle with reading and writing and thinking, etc.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/39723/20160414104831980637/CSNERP_14_43.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報