紀要論文 中学生の主体的健康観の向上をめざして : 生活習慣と低体温の因果関係から自分のQOL(生活の質)について考える

荒谷, 美津子

6pp.249 - 254 , 2016-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
本研究の目的は,近年,子どもたちに増加している低体温症と生活習慣の因果関係に着目させ,生徒自身に主観的健康観を意識させ,QOL(生活の質)の向上を目指すものである。そこで,現9年生に昨年度実施した,「主観的健康観と生活実態調査」をもとに,食生活の項目についての健康観と食に対する意識について分析した。その結果分析から見えてきた健康に対する生徒の意識や,生活課題を解決する方策の一つとして,今年度は「低体温」と「食習慣」の関わりに焦点をあてて保健指導を実施した。この学習を通して,生徒の多くは,自らの健康と生活習慣の関わりについて意識することができ,今後の生活に対して自分の生活目標を持ち,自らのQOLを高めようとする意欲が向上したと考える。
The purpose of this study is to make students become aware of the causal relationship between hypothermia and their living habits in order to improve their quality of life. Recently, the number of cases of hypothermia has been increasing among students. Therefore, this study examined 9th grade students' subjective health and their senses of food based on a survey conducted last year about their subjective health and current living conditions. In addition, health instruction was implemented to improve students' senses of health and their problems associated with daily life focusing on hypothermia and eating habits. Through this instruction, students tended to be aware of relationships between their health and eating habits, have goals for their future life, and improve their quality of life.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39660/20160408142723304191/MiharaEIKenkyukiyo_6_249.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報