紀要論文 中学校英語科におけるスピーチ活動の指導 : 「ものを紹介しよう」の実践を通して

松尾, 砂織

6pp.243 - 248 , 2016-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
本研究の目的は,「聞くこと,話すこと,読むこと,書くこと」のうち,「スピーチ活動を通して話すこと」の力をつけるための通教科的能力を提案することと,教科の本質に根ざした資質・能力を目標として位置付けた授業実践を行い,その学習効果を明らかにすることである。話す力をつけるために,ペアや班の活動で他者と学び合う場面を設定しながら,言語活動の充実を図った。その学習の効果を見るために,生徒のワークシートの記述とアンケート調査,ならびに授業観察を分析した。その結果,他者と関わって学習することを通して,学習者自身がその学習効果を実感していることがワークシート等の記述やアンケート調査から分かった。
The purpose of this study is to propose a teaching method to make students acquire the ability to "speak through speech activities" using four skills: listening, speaking, reading, and writing. Additionally, this study aims to reveal the effects of lesson practice focusing on making students acquire the skill to understand the nature of English as a subject In order to make students acquire speaking skill, this study carried out language activities by setting situations to learn English with others through pair work or group work activities. Then, this study analyzed students' work sheets, a questionnaire, and classroom observations to see how language activities affected their speaking skills. Findings of this study reveal that students tend to feel effects of language activities on their speaking skills through their worksheets and the questionnaire.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/39659/20160408142554634967/MiharaEIKenkyukiyo_6_243.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報