Departmental Bulletin Paper 高め合い活動を通して書く力を育成する英語科指導の研究 : 「化石燃料に代わる電力源」の紹介文を書く活動を通して

木坂, 香織

6pp.237 - 242 , 2016-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
Description
本研究の目的は,高め合い活動(ピア・フィードバック)を通して学習することで英文を書く力がどのように育成していったかを実践を通して考察することをねらいとする。「化石燃料に代わる電力源」についてマインドマップを利用して紹介文を書き,その後,小グループでお互いの原稿を読みあって文法の間違いや表現の誤り,文章構成の誤りなどに気づかせ文章に対する意見交流をグループで行った。その活動を通して一回目の文章とピア・フィードバック後の文章を比較すると,1回目の文章よりも表現豊かに文を書くことができていた。以上のことから,高め合い活動(ピア・フィードバック)をすることによって,内容的にまとまりのある一貫した文章を書く力が伸びたといえる。
The purpose of this study is to examine how students' writing skills are improved by peer feedback in lesson practice. In lessons, students were first asked to write an introduction of "a power resource instead of fossil fuel" by using a mind map. Then, students exchanged their opinions about their writings in order to make them become aware of errors in grammar, expressions, and sentence structures in small group work activities. Through those activities, comparisons of first drafts done by each student with his/her revised draft after peer feedback were conducted. Findings of this study reveal that students tended to write more expressively in their drafts after feedback compared with their first drafts. Therefore, this study concludes that students' writing skills to write coherent sentences have been improved through peer feedback.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39658/20160408142427750374/MiharaEIKenkyukiyo_6_237.pdf

Number of accesses :  

Other information