紀要論文 グループで伸びるバレーボールの授業の創造

藤本, 隆弘

6pp.223 - 228 , 2016-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
本研究の目的は,6人が1チームとなり2チームがネットをはさみ,ポイントを競うバレーボールの技能を伸ばしたり,試合を楽しむためにグループで伸びていくことが大切であることを検証することである。そこで今回9年1組男子21名のクラスを3グループに分け,グループで練習に取り組むことで,お互いの技能を高め,集団の技能を高めて試合を楽しもうとすることができた。学習ノートを活用して,個人の課題やチームの課題に気づかせ,人にアドバイスすることや,人からアドバイスを受けることを通して,課題を克服していく態度を育成しようとした。3グループに分けてグループでの活動を進めたが,試合の時間を確保しようとしたり,試合と審判が交互に続くことで,練習の時間をあまり長く取ることができなかった。もう少し個人の技能を高める時間も取れたらよかったと思うので,今後も研究を重ね改善していきたい。
The purpose of this study investigates how to foster student's' volleyball ability using competitive points between two teams (one team for six people) and an ability to enjoy a game as a whole group. In this study, 21 9th graders were divided into three groups for practice and asked to use their learning notebooks to become aware of an individual or team problems. Then, this study tried to make students foster an attitude to overcome their problems by giving advice to others or getting advice from others. Findings reveal that students enjoyed games by nurturing their abilities as an individual or as a whole team through group practices for volleyball. However, this study couldn't spare time for practice in each group because students had to be volleyball player or referee alternately. Future implications in this study suggest the need to get enough time to improve each student's performance.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39656/20160408142119354299/MiharaEIKenkyukiyo_6_223.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報