紀要論文 資質・能力の育成を基盤とした学習指導と評価の研究 : 単元「生命の連続性」の学習指導と評価を中心として

風呂, 和志

6pp.201 - 208 , 2016-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
本研究の目的は,教科の知識・技能の習得と資質・能力の育成を同時に目指すための学習指導と評価の方策を明らかにすることである。研究の結果,次の2つのことが明らかになった。・教科指導における資質・能力の育成のためには,通教科的な視点で抽出された資質・能力ではなく,教科の本質を加味してとらえなおす必要がある。・基礎・基本の習得を根幹に据えながら,生徒が主体的に学んでいく時間を保証し,生徒のパフォーマンスを教科の本質でとらえなおした資質・能力の視点で評価することで指導効果を高めることができる。
The purpose of this study examines ways of educational guidance and evaluation targeting on cultivation of students' acquisition of knowledge and skills in a subject and their qualifications and abilities. This study reveals the following two findings. First, teachers should consider the nature of a subject instead of focusing on qualifications or ability based on subjective perspectives. Second, considering basic knowledge of learning as an essential in learning, effects of teaching can be improved by setting enough time to make students learn actively and evaluating students' performances in terms of their qualifications and abilities.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39653/2016040814135650676/MiharaEIKenkyukiyo_6_201.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報