紀要論文 依存関係にある数量に着目し,見通しをもち解決する授業づくり : 式の意味を理解し,問題文・図・式を結び付けて考えることを通して

有田, 雅美

6pp.83 - 88 , 2016-03-28 , 広島大学附属三原幼稚園 , 広島大学附属三原小学校 , 広島大学附属三原中学校
ISSN:2185-5242
内容記述
この研究は,加法・減法の学習において,問題文から依存関係にある二つの数量を読み取ることで,解決の見通しをもち,確実に演算決定ができることをねらいとする。必要な数量を自分たちで抜き出し,何算になるのか見通しをもたせることを実践を通して行った。その結果,依存関係にある数量に着目することで,全体を求めたいのか部分を求めたいのか考えることができ,解決の見通しをもつことができ確実な演算決定を行うことができた。さらに,解決の見通しをもつことができたことで自力解決の際,どの子どもも進んで自分なりに図をかいたり式を考えたりすることができた。また,式の数の意味を考えることを通して,式と図,問題文を相互的に関連させ問題文にある数量を使って問題を解いていくことの必要さを知ることもできた。
The aim of this study is to enable pupils to use forward inferences and choose an appropriate operation by reading problem statements and understanding two quantities which are dependently related. During the practice, pupils were encouraged to find out and extract the necessary quantity and decide which operation to use in each situation. As a result, pupils learned to judge whether the answer concerns global or local; in other words, paying attention to interdependent quantities made it possible to have a forward inference and choose an appropriate operation in calculation. Moreover, having a forward inference enables pupils to draw figures voluntarily and come up with formula. Eventually, they learned to understand the importance of relating all the sources, such as formula, figures and problem statements to solve the problems through practice to consider the meaning of formula.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39636/2016040813431216204/MiharaEIKenkyukiyo_6_83.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報