Departmental Bulletin Paper 児童の得意な表現を手がかりとした創作活動のための学習材の開発 : ジョン・ゾーンの作曲手法を参照して <論文>
Developing Learning Materials to Encourage Self-expression Based on Children's Own Resources of Expression : With Reference to the Compositional Methodology of John Zorn <Article>

寺内, 大輔

(4)  , pp.53 - 63 , 2016-03-31 , 広島大学大学院教育学研究科初等カリキュラム開発講座
ISSN:2187-6800
NCID:AA12611299
Description
2015年,筆者は集団での創作活動のための学習材《ステージ》を開発した。本学習材は,参加する児童一人ひとりが得意とする表現を手がかりとして創作活動を行うという特質を持っている。その背景には,現在の小学校音楽科において広く用いられている創作活動のための学習材の多くが,学習指導要領に示された〔共通事項〕を手がかりとしており,参加する児童一人ひとりの持つ表現リソースを顧みていないことへの問題意識があった。開発に際しては,ジョン・ゾーンの作曲手法を参照し,表現を素材とみなして編集する方法を採用した。このような学習材を用いた創作活動には,集団での創作活動の方法知の獲得や協働的問題解決能力の育成などが期待できる。
In 2015, I developed learning material to encourage self-expression. This material, entitled "Stage," was designed as a theater piece based on what children can do well. In my experience, I have noticed that the typical learning materials for music making are rarely based on children's own resources of expression. Rather, they are frequently based only on the "Common Items" of the government curriculum guidelines. In the process of the development of the "Stage," I have drawn on the compositional methodology of John Zorn, specifically his method of editing, in which he regards performance as material. Using the "Stage," children are encouraged to develop their creative processes.
本論文および開発された学習材は,JSPS科研費15K04501の助成を受けたものである。
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39406/20160329131003796090/JEEC_4_53.pdf

Number of accesses :  

Other information