学術雑誌論文 真正な実践のための哲学研究者の学習過程の探求 : 畠中和生「人間観の類型論」を手掛かりに

菅尾, 英代  ,  畠中, 和生  ,  池野, 範男

(2)  , pp.23 - 36 , 2015-03-31 , 学習システム促進研究センター (RIDLS)
ISSN:2189-9487
内容記述
本研究の目的は,つぎの問いに対する答えの一つを得るために,専門科学者の研究過程を学習過程に変換することにある。その問いは,「どうすれば児童・生徒が学習を通して深い知識を獲得できるようになるのか。」,また,「そのために教師はどのような過程を通して教材研究を行えばよいのか。」である。このため,研究論文の構成・構造の分析や関連専門科学の基礎概念・基礎理論を用いた読解を通して研究者が行う研究論文の作成過程を導き出すことで研究者の学習構造を見出し,学習過程に変換することを試みる。本稿では,価値領域における哲学分野の研究を取り上げている。対象の研究論文は,「人間観の類型論」(畠中和生,2009)である。結果,研究者の探究活動を5段階で示し,各過程における具体的な研究者の学習のあり方を整理した。これを踏まえて,教師が人文系科目において深い理解を得るための真正実践として教材研究を行う方法や視点を提案している。鍵となるのは,教師における「学問を基盤とした探究過程と探究の視点に関する正確な理解」と「既有知識と得られた情報における関連性の発見」である。本稿では,教師が抱える専門科学の学問的理解の信頼性において指摘できる課題を克服するための手立ての一つを提示している。
The purpose of the current study was to translate a specialized scientist’s research process into a learning process, in order to gain answers to the following questions. These questions are; “How can children and students attain deep knowledge through learning?” and “What type of process should a teacher take in studying teaching materials?” For that purpose, the current study aimed to elucidate the learning stages of a researcher by understanding the paper writing process through analyses of a research paper’s structure and by reading of basic concepts and theory in the related field, ultimately translating the discovered learning structure into an effective learning process. The current paper concerns a research study in the field of philosophy. The target research paper was “Typology of Human Beings” by Kazuo Hatakenaka (2009). We organized this researcher’s research activities into 5 different stages, and described concrete learning methods at each stage. Based on this, the current study proposed methods and viewpoints of teaching material studies for a teacher to conduct authentic learning in order to achieve deep understanding in the field of humanities. The key is for teachers to attain “an accurate academic understanding of the processes and viewpoints of an investigation” and “a discovery of associations between existing knowledge and new information.” The current paper proposes a solution to overcome reliability problems that teachers possess in achieving the academic understanding of specialized sciences.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39122/20160301114845517348/TRDLS-jpn_2_23.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報