Journal Article 数学者による活動分析 : 数学科教師教育への示唆を目指して

袴田, 綾斗  ,  寺垣内, 政一  ,  影山, 和也

(2)  , pp.71 - 78 , 2015-03-31 , 学習システム促進研究センター (RIDLS)
ISSN:2189-9487
Description
本稿の目的は,ある数学者による研究論文を分析することによって,専門家としての数学者の活動の一端を理解し,数学科教師教育への示唆を得ることである。検討の結果,数学者による活動は,演繹的に論理を詰めていくだけでは無く,仮説としての予想を経験的帰納的にたてて検証していく部分も多いことが指摘された。学問としての数学の研究論文を学部学生に与えることは,その読解に相当の数学的素養を必要とすることから必ずしも適切とは限らない。しかしながら,実際の数学者による研究活動や,研究論文として提出された成果の導出過程を追体験すること,なぜその研究論文がかかれねばならなかったのかという知識構成の必要性の感得など,数学科教師教育に対しても扱い方によっては十分に価値があることがわかった。
The purpose of this paper is to have implications for mathematics teacher education through analysis of mathematician's activities by reading an academic paper.The result suggests that a mathematician does not only think deductively but also take an inductive and empirical approach while forming hypotheses. It isn't always appropriate to provide academic mathematics papers for undergraduate students because an essential background is needed to read them. However, to read an academic paper could be enough worth for students in mathematics teacher education because they could follow a mathematician's research process including submitting an academic paper and reflect reasons to write the paper.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39117/20160301110040327954/TRDLS-jpn_2_71.pdf

Number of accesses :  

Other information