学術雑誌論文 「真正な実践」研究入門 : 価値(哲学)領域の読解を事例にして

池野, 範男  ,  福井, 駿

(2)  , pp.1 - 10 , 2015-03-31 , 学習システム促進研究センター (RIDLS)
ISSN:2189-9487
内容記述
教師は,専門科学(研究)者の研究内容を消費・活用するだけではなく,専門科学者という一人のひとの学習とその過程を読み解き活用することをねらっている。教師が進める学習に専門科学(研究)者の側から支援をする方法を見い出すことが必要であり,それを試みているのが本共同研究である。本研究の一連の「真正な実践」研究は,専門科学(研究)者が行う研究を学校教師が教材研究として読み解き,その読み解きから一人の研究者の「学習」過程へと読み解く変換システムを開発しようとするものである。本稿は,共同研究の分担研究である。本分担研究は,哲学領域の論文読解を手がかりにし,一連の共同研究の入門編として,「真正な実践」研究の意図,その手続き,研究の概要を説明する。そこで,続く各分担研究では,価値,記号,知識の3つの領域の専門科学者の研究論文の読解を通して,専門科学者の「学び」の過程を構成し,その過程を「真正な実践」として再構成する。そして,専門科学者が進めるその学問領域の「真正な実践」を解明し,学校教師や初任教師,教師希望者が活用できるようにする。
School teachers not only use and apply the work of professional scientists (researchers), but they also attempt to find a way that these scientists (researchers) could assist in the learning that school teachers advance, with the aim of understanding the process of learning of one individual and applying that understanding. This series of the study on “Authentic Practice” involves teachers learning research studies conducted by professional scientists as a study of teaching materials. From this newfound understanding, this series aimed to develop a system to elucidate and translate the process of “learning” of an individual professional researcher. This article describes the aims, procedures, and overviews of the study on “Authentic Practice”, and serves as an introduction to the subsequent studies. Each of the study will construct the process of “learning” of a professional scientist through the analysis of that scientist’s published work, reconstructing the process as “Authentic Practice.” By elucidating the “Authentic Practice” that these scientists advance in their given academic field, these studies aimed for school teachers, beginner teachers, and teachers in training to be able to apply the findings.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39112/20160301101730486716/TRDLS-jpn_2_1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報