学術雑誌論文 沖縄県産ジルティラピアに寄生していたヤマトニセエラジラミ
Neoergasilus japonicus, a parasitic copepod from redbelly tilapia Tilapia zillii in Okinawa Prefecture, southern Japan

長澤, 和也  ,  上野, 大輔

70pp.221 - 224 , 2015-12-20 , 日本生物地理学会
ISSN:0067-8716
NII書誌ID(NCID):AN00193863
内容記述
沖縄県で採集したジルティラピアから得られた雌成体の標本に基づいて,ヤマトニセエラジラミ Neoergasilus japonicus の形態,特に本種を同定する際に重要な第1胸脚と第4胸脚の形態を詳細に記載した.
The ergasilid copepod Neoergasilus japonicus (Harada, 1930) is described using a gravid female from the dorsal fin of a redbelly tilapia, Tilapia zillii (Gervais, 1848), in Haebaru Reservoir, Okinawa-jima Island, Okinawa Prefecture, southern Japan. The morphology of the first and fourth thoracic legs is reported in detail.
本研究の一部は、JSPS科研費 15K07527 の助成を受けて行われたものである。
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/39085/20160210110504540630/BiogeographSocJ_70_221.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報