紀要論文 子どもたちに贈る布絵本の製作を通してグローバルな資質の育成をめざす「技術・家庭」の授業開発
The Development of lesson for Industrial Art and Homemaking to foster the global qualification through making a picture book made of cloths for children

浦上, 千歳  ,  柴, 静子

46pp.79 - 86 , 2015-03-18 , 広島大学附属東雲中学校
ISSN:1344-1531
NII書誌ID(NCID):AN00307623
内容記述
本研究では,ESD(持続可能な開発のための教育)を「技術・家庭」の授業で実践するため「ものづくり」と「発展途上国理解」とを繋ぐ効果的な学習を構築することを目的とした。そのために,文化環境に恵まれていない地域で生活しているモン族の子どもに贈る布絵本を製作することを目標として,かかわりを尊重する子どもの育成を目指し,さらには持続可能な開発のための人材(グローバルな人材)の育成にもつなげることを目途に実践した。その結果,中学2年生の授業実践後のアンケート調査の結果から,かかわりを尊重する子どもの育成に寄与することが明らかとなった。また,家庭科におけるESDの授業パターンを2つ提案する中で、「相手を意識し,活用させるものづくり」を設定することによって,効果的な学習を構築できた。
This research aimed to make the effective lessons to connect between 'manufacturing' and 'understanding of developing countries' in order to practice ESD in the lessons of Industrial Art and Homemaking. So the lesson goal was set as making picture books made from cloths for children in Hmong who live in the culturally underprivileged area. Through the goal, the lessons were practiced for the purpose of fostering students who think much of relationship, which would lead to foster students' globalization. As a result of the questionnaires after the lessons for 8th graders, this practice contributed to foster students' minds of thinking much of relationship. Besides, the effective lessons could be made by establishing 'manufacturing for thinking about someone's feeling' through suggesting 2 lesson plans for ESD in Homemaking.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37961/20150806093608102501/JourJrhighEdu_46_79.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報