紀要論文 無線ネットワークを活用した生物育成題材の提案 : 遠隔管理型植物工場の開発を通して
Teaching Plant Cultivation Using Wireless Networks

堤, 健人  ,  川田, 和男

46pp.73 - 78 , 2015-03-18 , 広島大学附属東雲中学校
ISSN:1344-1531
NII書誌ID(NCID):AN00307623
内容記述
本研究の目的は,中学校技術科における生物育成の課題を解決する題材として遠隔管理型の植物工場を提案し,課題である栽培地の確保と再現性の解決状況を検証することである。その結果,LEDで栽培することで多段栽培が可能となり,気象条件に左右されにくくなることで,再現性が高まった。また,XBeeで無線ネットワークを構築したことで,遠隔地から植物工場を制御でき,空いたスペースでの栽培ができ栽培地における制約が少なくなった。Arduinoを用いたプログラミング学習によって,技術科の学習内容を横断的に扱うこともできた。
This study examined a remotely managed factory for plant cultivation as part of technical education. This is a potential solution to ensure the maintenance and sustainability of agricultural areas. Cultivation in facilities results in greater yields, compared with traditional farming techniques, since these facilities are unaffected by adverse weather conditions. This kind of cultivation may be enhanced using the XBee wireless network, and students may be taught to operate it by programming with Arduino.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/3/37960/20150806092332834118/JourJrhighEdu_46_73.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報