Departmental Bulletin Paper 小・中学校の学びをつなげる球技「ネット型」のカリキュラム開発 : 「キャッチ」を取り入れた簡易ゲームの実践を通して
The Curriculum Development of Ball Game with a Net to Connect Learning from Elementary to Junior High School : Through the practice of 'Catch, Toss, and Spike Game' for 7th graders

小田, 啓史  ,  東川, 安雄  ,  齊藤, 一彦  ,  岩田, 昌太郎

46pp.65 - 72 , 2015-03-18 , 広島大学附属東雲中学校
ISSN:1344-1531
NCID:AN00307623
Description
本研究の目的は,小・中学校の学びをつなげる球技「ネット型」のカリキュラム開発である。中学校第1学年において,バレーボールに関する簡易ゲーム教材を段階的に実施するカリキュラムを立案し,授業実践を行った。そのねらいは,ゲームにおいてオーバーハンドパスを多く活用することと,チーム内の連係による意図的なつなぎを発揮できるようにすることである。その結果,バレーボールに関する本質的理解と動きの質が向上する傾向が示唆されたとともに,バレーボールに対する愛好度の向上が認められた。
This research aims at the curriculum development for volleyball to connect learning from elementary to junior high school. For 7th graders, a curriculum to implement a material of a simple game in stages was made and a class with the curriculum was practiced. The game aimed that students use overhand passes a lot in a game and pass intentionally with a teamwork in a team. As a result, these two points were enhanced; the essential
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37959/20150805145707348961/JourJrhighEdu_46_65.pdf

Number of accesses :  

Other information