Departmental Bulletin Paper 基礎的な音楽的技能の効果的な指導法 : 3年間継続した発声指導の効果の検証
Effective Method for Teaching Basic Musical Skills : Confirming the Effects of 3-Year Vocal Coaching

松前, 良昌  ,  濱本, 恵康  ,  三村, 真弓

46pp.51 - 57 , 2015-03-18 , 広島大学附属東雲中学校
音楽科授業において,よりよい表現を求め,自分の思いが表現できたと感じさせるためには,基礎的な音楽的技能を身につけることが重要である。そのため,効果的に技能を向上させる指導法の開発が必要とされる。なかでも,生徒にわかりやすい発声の指導法の開発が重要である。そこで、手などの動作を取り入れた発声指導や,比喩的表現を用いたキーワードによる発声指導等の効果の検証に焦点化し,継続して研究を推進している。  今年度の研究では,手などの動作を取り入れた発声指導や,比喩的表現を用いたキーワードによる発声指導などを継続することは,生徒が発声方法を体得するのに効果的であるとともに,指導を3年間継続することによって定着し,知識としての理解にもつながるという結論を得た。
In music classes, it is necessary for students to acquire basic skills so that they can develop the ability to ex-press themselves through music. This demands methods of instruction that allow the effective acquisition of musical skills. In this regard, developing instruction methods for clear vocalization are particularly important. The present study focused on confirming effective vocal coaching methods through the use of hand gestures and figurative key phrases. In the research for this fiscal year, it was concluded that this instruction method for vocal coaching conducted over a 3-year period was an effective way for students to learn vocalization.

Number of accesses :  

Other information