Departmental Bulletin Paper 小・中を円滑に接続する関数指導のあり方 : 小6と中1の比例学習に着目して
A Study of the Development of Functional Concepts by Connecting Primary School Mathematical Learning with Secondary

天野, 秀樹  ,  河嵜, 祐子  ,  植田, 敦三  ,  松浦, 武人  ,  下村, 哲  ,  寺垣内, 政一

46pp.35 - 42 , 2015-03-18 , 広島大学附属東雲中学校
ISSN:1344-1531
NCID:AN00307623
Description
本研究の目的は小学校6年の比例学習のつながりをふまえたうえで,関数の考えにおける活用の要素に重点をおき,中学校1年の比例の授業を設計し,その有効性を検証することにある。そのために,教材の開発原理と授業の構成原理を明らかにした。そして,教材の開発原理にもとづき,活用を重視した2つの教材をつくる。また,授動構成原理にもとづき,小学校6年の比例学習とのつながりをふまえた中学校1年の指導方針を考察する。これらの研究基盤をもとにして,中学校1年の学習指導案「比例の活用」を作成し,その有効性について検証する。
The purpose of this study is to suggest the effective lessons about 'proportion' by connecting up mathematical learning in primary school with learning in secondary school.First, we created new teaching materials using newspaper articles and geoboards, based on principles of developing teaching materials.Second, we developed a teaching method whereby students could link natural phenomena with developing a concept of 'proportion', based on principles of developing lessons.Finally, we demonstrated the validity of this approach through experimental lessons.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37955/20150805140940940277/JourJrhighEdu_46_35.pdf

Number of accesses :  

Other information