Departmental Bulletin Paper 口腔衛生への気づきに何が影響を及ぼすか : 歯学部国際歯学コース学生との交流プログラムからの検討
Impact of Oral Health Awareness : A Pilot Study of an Exchange Program between International Dental Course Students and Elementary School Students

後藤, 美由紀  ,  岡, 広子  ,  天野, 紳一  ,  ,  ,  加藤, 功一

(43)  , pp.183 - 188 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NCID:AA11551679
Description
学童期から児童自身の口腔保健に対する関心・意識を高め,思春期の自立した口腔保健管理への導入を図ることは重要な課題である。本研究では,英語を用いた国際交流という児童が「楽しい」と感じる環境の中で,(1)国際理解に対する児童の意識,(2)交流の対象である歯学部学生の背景と連動する口腔保健に対する児童の意識,のそれぞれに交流プログラムがどのように影響を及ぼしているのかを明らかにすることを目的とした。食に関する話題を介して実施した第1回交流会では,児童が交流会を「楽しい」と感じ,コミュニケーションや食文化に関して気づきが得られたのに対し,交流相手の歯学部学生の背景やイラストで用いた口腔保健の内容に関する反応を得ることはできなかった。このことから,英語であっても,直接の交流の中で取り上げる内容のほうが,児童の印象に残ると推察された。2月末に予定している第2回交流会では,第1回交流会時に明らかとなった児童の「歯をきれいに磨くこと」への関心の高さや小学校でのう蝕罹患率の低さとあわせて,各国の口腔保健と「歯肉炎」を直接紹介する内容で交流会を実施し,口腔保健に対する児童の意識への影響を検証する予定である。
It is important to self-maintain one’s oral health during puberty. Therefore, prior to this, we need to promote oral health among schoolchildren. To address this issue, Shinonome Elementary School and the Faculty of Dentistry have collaborated to develop an exchange program that uses English to teach children about oral health. This study aims to examine the following: (1) how an international exchange program enhances the global understanding of schoolchildren and (2) how it promotes oral health among schoolchildren.  We undertook questionnaire surveys before and after the first exchange event.  The schoolchildren enjoyed the event. Moreover, it facilitated their understanding of international communication and different food cultures. Conversely, they did not pay any attention to the indirect agenda of oral health. It is suggested that oral health needs to be promoted more strongly to the children during the second event as a direct part of the agenda.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37556/20150612100348697269/AnnEducRes_43_183.pdf

Number of accesses :  

Other information