Departmental Bulletin Paper 新しい科学観を取り入れた理科カリキュラムの開発の研究(Ⅱ) : 「科学の本質」の視点に基づく小・中・高の理科カリキュラムの再構築
New science curriculum development based on the “Nature of Science” II : Reconstruction of a coherent science curriculum from elementary through upper-secondary schools

土井, 徹  ,  志田, 正訓  ,  平松, 敦史  ,  内海, 良一  ,  井上, 純一  ,  大方, 祐輔  ,  梶山, 耕成  ,  佐々木, 康子  ,  杉田, 泰一  ,  中山, 貴司  ,  福地, 孝倫  ,  野添, 生  ,  三田, 幸司  ,  柘植, 一輝  ,  風呂, 和志  ,  岡本, 英治  ,  沓脱, 侑記  ,  小茂田, 聖士  ,  田中, 伸也  ,  西山, 和之  ,  林, 靖弘  ,  平賀, 博之  ,  間處, 耕吉  ,  丸本, 浩  ,  山下, 雅文  ,  吉田, 成章  ,  磯﨑, 哲夫

(43)  , pp.173 - 182 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NCID:AA11551679
Description
本研究は,新しい科学観を取り入れた理科カリキュラムを開発することを目的としている。  2年次である本年度は,新しい科学観である「科学の本質」について検討し,それがどのようなものか,日本の理科学習に取り組むことが可能であるかについて考え,小学校で2つ,高等学校で3つの実証に基づく特徴的な授業実践を試行した。  実践の試行を通して,小学校理科において科学の本質を教えることは可能であることが明らかとなった。高等学校では,科学の本質を取り入れたナラティブと日常生活の文脈を活用することによって,生徒は授業の目標に到達することが明らかになった。教師は,どのような授業方略と話題を用いるか,そして,科学の本質を教えるに当たってどのような実験を含む活動を行わせればよいかを検討する必要があると言えよう。
This study develops a new science curriculum for students from elementary through secondary schools, which includes the concept of the “Nature of Science” (NoS). In the second year, we explored what the NoS is and how we could design a new curriculum including its ideas. We performed and conducted two empirical studies in elementary science classes and three empirical studies in upper secondary classes. Through discussion and empirical research, we found that it is possible to include the NoS in the teaching contents for elementary school science. The narrative story of the NoS and daily life context helped upper-secondary school students to understand lessons’ objectives. It can be said that science teachers need to consider what kind of teaching strategies and topics to employ and how students’ practical work should be conducted when incorporating the NoS into teaching.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37555/2015061209562447407/AnnEducRes_43_173.pdf

Number of accesses :  

Other information