紀要論文 ポスト国民国家へと移行する社会を読み解く次世代カリキュラムの開発研究(Ⅱ) : 生活世界の言説に着目した高校地理歴史科カリキュラムの変革
Development of a Next-Generation Curriculum for Recognizing Societal Shift in a Post Nation-State (II) : Transformation of the High School Geography/History Department Curriculum Focusing on the Discourse of the Life-World

宮本, 英征  ,  池野, 範男  ,  伊藤, 直哉  ,  草原, 和博  ,  藤原, 隆範  ,  湯浅, 清治

(43)  , pp.123 - 132 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NII書誌ID(NCID):AA11551679
内容記述
本継続研究は,現在の高校地理歴史科のカリキュラムを再構成し,ポスト国民国家へ移行するグローバル社会に対応した次世代カリキュラムを開発することにある。本年度の研究では,主体性の育成に関して生徒の私的空間の再構築の必要性を重視した。研究の成果は次の3点である。第一に,ハーバーマスの「生活世界の植民地化」の理論から,生徒の主体性を成長させるためには親密性(圏)を再構築する必要性を明らかにした。この結果,次世代の地理歴史科カリキュラムの教育目標は,国家や社会における生徒の主体性だけではなく,私的空間における主体性という市民的資質の成長をめざすものであることを示した。第二に,家族や法,貨幣を言説とする教育内容を開発した。教育内容は生徒が相対化する言説構造となり,生徒が自分の言説をつくるものとなる。このことから,教育内容が生徒に開かれたものになることを示した。第三に,カリキュラムは教育目標・教育内容に基づいて教材を選択・配列し単元を開発できた。歴史学や地理学の系統的な知識を教材や単元の内容としていない。教材は,市民的資質の育成という論理に基づいて明確に組織されるものであることを示した。
This continued research seeks to reconstruct the curriculum for high school geography/history departments, creating a “next generation” curriculum that corresponds to the global society and the post nation-state. In this year’s study, we have emphasized the need to redevelop students’ private space to foster independence. The results showed that, first, the educational goals of the next generation geography/history department curriculum involve not only the independence of students in the nation and the society, but also the development of the civil qualities associated with independence in the private space. Second, the educational content is indicated to be one that is open to the student. Third, the teaching materials that should be used here are based on the logic of the development of civil qualities.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37550/20150612092410373472/AnnEducRes_43_123.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報