紀要論文 確かな学力の育成と評価の在り方 : 「CAN-DOリスト」の形での学習到達目標設定と評価(2)
On the enhancement and assessment of academic ability and skills in English in elementary, junior high, and senior high school : Goal setting and assessments for learning English from the viewpoint of “CAN-DO” statements (2)

山岡, 大基  ,  深澤, 清治  ,  樫葉, みつ子  ,  青木, 基容子  ,  石原, 義文  ,  井長, 洋  ,  五井, 千穂  ,  小橋, 雅彦  ,  瀬戸口, 茂久  ,  西中村, 貴幸  ,  八島, 等  ,  山田, 佳代子

(43)  , pp.103 - 112 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NII書誌ID(NCID):AA11551679
内容記述
附属小学校・中学校・高等学校英語科では,2013年度の学部・附属学校共同研究において,小中高12年間を見通した学習到達目標を「CAN-DOリスト」の形で記述し,それと連動するように評価方法を「CAN-DOテストパック」として体系化した「FUZOKU CAN-DO」という枠組みを作成した。本研究は,その研究を引き継ぐものとして,FUZOKU CAN-DOを全面的に運用することにより,この枠組みに即した具体的な教材・評価材を開発すること,また,運用を通じてこの枠組みをさらに整備することを目的とした。本稿では,小学校3・4年生と,中高各学年における指導と評価の具体例を示し,FUZOKU CAN-DO運用の実際を詳らかにしている。ただし,全面運用に当たっては,年間指導計画をFUZOKU CAN-DOに適合するように調整するなどの手順を要したため,この枠組み全部の完全実施には至らなかった。しかし,学年を超えて到達目標と評価方法を教員間で共有することにより,従前にもまして,指導と評価に対する共通認識を持つことが促された。
This study primarily aims to implement FUZOKU CAN-DO (a framework comprising the learning objectives to be achieved in each grade of elementary and secondary schools) and to evaluate the measures related to the objectives. The goals of implementing this framework are as follows: (1) to develop materials for teaching and evaluation based on FUZOKU CAN-DO and (2) to modify the framework itself. This report provides specific examples of how the framework was implemented. One thing to be noted here is that this is the first attempt of a full-scale implementation of the framework, which was developed in the previous year. The initial phase of the study involved amending the existing syllabus to include FUZOKU CAN-DO, which prevented the complete implementation of all the framework’s components. The results of the study indicate that using FUZOKU CANDO promoted a shared understanding of teaching objectives among the teaching staff.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37548/20150611150157666126/AnnEducRes_43_103.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報