紀要論文 音楽科における指導力の向上をめざした効果的な教育実習のあり方に関する研究 : 生徒指導と教科専門の観点から
Pre-Service Teachers’ Teaching Skills in Student Guidance and Musical Instruction in Teaching Practice

増井, 知世子  ,  原, 寛暁  ,  松前, 良昌  ,  光田, 龍太郎  ,  泉谷, 正則  ,  三村, 真弓  ,  伊藤, 真  ,  枝川, 一也

(43)  , pp.95 - 102 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NII書誌ID(NCID):AA11551679
内容記述
本研究は,音楽科における実習生の指導力を向上させるために,①生徒の学習意欲を高めることができたか(生徒指導・生徒理解の観点)と②音楽授業の質(クオリティー)は高いものであったか(教科専門の観点)の2点を柱として,附属中・高等学校,附属東雲中学校,附属三原中学校,附属福山中・高等学校の4校と広島大学とが提携して行った研究である。  附属中・高等学校と附属三原中学校,附属東雲中学校と附属福山中・高等学校間で,実習生の特質や課題を共有し,9月実習,10月実習を通して各実習生の教師力向上をめざして実習指導にあたった。4校共通の,実習生自身の「自己評価表」や生徒による「授業評価カード」を考案し実施した。本稿は主として「自己評価表」の分析を通して,この取り組みの成果を明らかにするものである。分析の結果,実習生は9月,10月実習を通して,上記①②の2点に留意して実習を行い教師力を高めることができたことが明らかになった。そして何より,4校の指導教員が連携して,共通認識のもとに指導にあたることができたことは,非常に意義あることであった。
This study aimed to clarify the results of teaching practice to improve pre-service music teachers’ teaching skills in terms of student guidance and music. The teaching practice was conducted in association with four schools attached to Hiroshima University. The pre-service teachers received comments on their teaching from students in each class, and they also made self-assessments of their teaching behavior and musical teaching skills following a period of teaching practice. After the teaching practice had been completed, the pre-service teachers reflected on how they could apply their learning in the next stage of teaching practice as well as on how comments from the students were useful for developing their teaching skills. The results of the analysis showed that the teaching practice that was undertaken in cooperation with the four schools was effective in improving pre-service teachers’ teaching skills.
本文を読む

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37547/2015061114563075017/AnnEducRes_43_95.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報