Departmental Bulletin Paper 児童の問題づくりを個別に促進する文章題作成コンピュータソフト及びカリキュラムの研究開発(Ⅶ) : 乗除算文章題の構造的理解を指向した作問学習支援システム設計・開発実践運用
Research and development into computer software to create story problems to promote the individual development of children (VII) : The Creation of an Interactive Learning Environment to Pose Multiplication or Division Word Problems for Promoting the Understanding of Problem Structures and their Practical Use

前田, 一誠  ,  平嶋, 宗  ,  小山, 正孝  ,  影山, 和也  ,  市村, 広樹

(43)  , pp.87 - 94 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
一般的に行われている演習として問題解決演習が広く知られている。しかし,問題を解くだけでは十分問題を理解できているとは言えず,例えば問題づくりでは,問題解決のできる学習者もしばしば誤りを起こす。これは,問題解決が,問題が何で構成されており,どのような関係性を持っているかを考えさせる演習として不十分なためであると考える。筆者らはこの理由から,二項演算の算数文章題を対象として,算数文章題の構造化を行い,それを組み立てる事で演習を行える,作問学習支援システムの設計・開発を継続的に行っている。  本研究では対象となる算数文章題を乗除算の文章題として,乗除算文章題の構造分析,それに基づいたシステムの設計・開発を行ったので,本稿ではこれについて説明する。また,この実践運用とその結果についても合わせて報告する。
Problem-posing is an effective learning strategy for the comprehension of problem structures. We designed and developed a learning environment for problem-posing and undertook practical experiments with first- and second-grade students at elementary school. The system included arithmetic word problems using one-step addition, subtraction, or multiplication. The results suggested that the learning environment is effective in helping students to comprehend these problem structures. This led us to design and develop a learning environment for posing one-step multiplication or division word problems, with a view to teach learners how to differentiate between multiplication and division. It was found that the learning environment could be used practically in elementary schools.

Number of accesses :  

Other information