Departmental Bulletin Paper 小学校における読書リテラシーを育成する国語科授業の開発
The Development of Japanese Language Lessons to Foster Reading Literacy in Elementary Schools

羽島, 彩加  ,  吉田, 裕久  ,  難波, 博孝  ,  谷本, 寛文  ,  有川, 佐智子  ,  山本, 陽子  ,  谷, 栄次  ,  羽場, 邦子  ,  竹本, 文美

(43)  , pp.53 - 60 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
本プロジェクトは,小学校において読書リテラシーを育成するために有効な授業開発について研究することを目的としている。そのために,これまで行われてきた読書教育や読書活動に関する資料を収集し,授業開発の際に活用していく。その際,読書に必要な広義の資質・能力である読書力を授業づくりに位置づける。また,読書リテラシーを育成するために有効な授業について検討し,実践を行いながら検証することにした。この検証のために,小学校の低学年,中学年,高学年で文学的文章を教材として授業実践を行う。  この研究を通して,身に付ける読書力を授業の中に位置づけることにより,児童を主体的な学びに導くことができるということが明らかになった。その際,児童は,それぞれの読書による成果をもちより,積極的に考えを交流し,目的をはっきりさせながら読書に向かうことができた。  今後さらに小学校段階で読書リテラシーを育成するためには,身に付けたい読書力の系統性を考えたカリキュラムづくりをする必要がある。
In this project, we aimed to develop useful lessons for fostering reading literacy at the elementary school level. First, we collected and examined existing literature about reading instruction and activities. Further, we applied this research to develop our lessons. We considered the broad reading qualifications and abilities of students when shaping the lessons. Then, we conducted literature lessons for students in Grades 1-6, and examined the effect of these lessons on reading literacy. From the results, we were able to establish that it is important to clarify the goals that one aims at fostering in a lesson. This encourages students to apply independently formed attitudes toward reading and learning. Furthermore, it helps students to set up definite aims and to achieve specific outcomes in relation to reading and discussing books as well as encouraging the students to continue reading. In future, we plan to develop a reading program that considers the sequence and scope of students’ reading qualifications and abilities at each developmental stage.

Number of accesses :  

Other information