Departmental Bulletin Paper 遊びのリスクに対する幼稚園保護者の認識の変容要因
Factors Associated with Perception Changes among Kindergarten Parents Regarding the Risks of Play

松本, 信吾  ,  杉村, 伸一郎  ,  中坪, 史典  ,  清水, 寿代  ,  金岡, 美幸  ,  久原, 有貴  ,  堀, 奈美

(43)  , pp.35 - 42 , 2015-03-26 , 広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN:1346-5104
NCID:AA11551679
Description
本研究は,幼稚園保護者は,遊びのリスクに対する認識が幼稚園入園前と入園後で変容するのか,変容するのであればその要因を探ることを目的とした。方法は,幼稚園保護者154名に質問紙調査を行い因子分析を行った。その結果,遊びのリスクに対する認識として「危険回避」「子どもによるリスク管理」「危険に対する不安」「遊びの安全管理」の4因子を見出した。このうち,「危険回避」「子どもによるリスク管理」「危険に対する不安」は,幼稚園入園後,保護者がリスクを許容し子ども自身に管理させる方向に変容しており,幼稚園入園後の何らかの要因により保護者の認識が変容していることが示された。その変容の要因としては,実際の子どもの姿を通して認識を変えたとする回答が最も多く,子どもが実際に遊ぶ姿を保護者が見ることの有用性が示唆された。また,その他の要因として,担任との話をすることや保護者自らが遊び場を体験することなどが,紙媒体の発信よりも多く回答され,保護者自身が直接体験することが有用である可能性が示唆された。
This study investigated the changes in parents’ perception in relation to the risks associated with play before and after their children entering kindergarten. Kindergarten parents (N = 154) were asked to complete questionnaires; a factor analysis was performed on the data obtained. The results revealed that there are four key factors involved in parents’ perceptions of the risks involved in play: “dangerous evasion,” “risk management by children,” “uneasiness regarding dangerous play,” and “safety management in play.” Perceptions regarding the first three factors changed for parents after their children entered kindergarten; a certain level of risk was recognized in play activities. Watching their children participate in risky play was a major factor that influenced changes in perception according to many of the responses. In addition, for some participants, talking with the class teacher directly and/or experiencing the play area for themselves was well received, i.e., it had a greater positive effect on perceptions than letters to the parents.
Full-Text

http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/files/public/37540/20150611140911702132/AnnEducRes_43_35.pdf

Number of accesses :  

Other information