紀要論文 <センター教員・共同研究論考>MOOC の行動ログと質問紙を組み合わせたデータ分析の設計
<Articles by the Center Staff and Research Fellows>Designing Data Analysis by Integrating Action Logs in the MOOC and Questionnaire Surveys

田口, 真奈  ,  後藤, 崇志  ,  毛利, 隆夫  ,  飯吉, 透

23pp.109 - 118 , 2017-12-01 , 京都大学高等教育研究開発推進センター
ISSN:1341-4836
NII書誌ID(NCID):AN10487452
内容記述
京都大学は2014年よりKyotoUxとして、MOOCの提供を行っている。KyotoUxの研究チームでは、MOOCで得られた行動ログに加えて、質問紙調査を設計・実施して得られた回答を分析し、MOOCの質の向上に役立てるために講義を制作するチームやコース提供者に向けたフィードバックを行っている。本論文では、質問項目の設計プロセスやフィードバックのためのデータの可視化など、KyotoUxのデータ分析の実践について報告するとともに、今後、大学においてMOOCなどを通した教育実践を推進していくうえでの課題について論じた。
Kyoto University launched the project "KyotoUx" to provide Massive Online Open Courses (MOOC) on 2014. Research team staff of KyotoUx has analyzed the action logs data of learners in MOOC. We have also conducted questionnaire surveys to understand learners from diversified perspectives. We then combine the results in order to improve the quality of MOOC by giving feedback to production team staff and course instructors. This paper reports our practice, such as the design process of questionnaire surveys or presenting the data in a visual format. Finally, we discussed issues relevant to promoting educational practices in higher education using MOOC or other online techniques.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/230547/1/R.H.E_023_109.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報