Departmental Bulletin Paper <高等教育の動向>学位プログラム化の要件 --大学教員のエキスパート・ジャッジメントの涵養--
<Trends of Higher Education (Invited Paper)>Fostering Faculty Expert Judgment: A Necessary Condition for Degree Program Development

深堀, 聰子

23pp.85 - 96 , 2017-12-01 , 京都大学高等教育研究開発推進センター
ISSN:1341-4836
NCID:AN10487452
Description
学位プログラムとは、学修成果を獲得するために適合的に編成された教育課程である。学位プログラム化にあたっては、組織を構成する教員中心の視点から、組織としてどのような授業科目を提供しているのかを説明するのではなく、授業科目を履修する学生中心の視点から、実際に履修する授業科目の組み合わせがどのようなものであり、その結果としてどのような知識・能力が身に付くのかを説明する発想の転換が求められる。本稿では、1999年のボローニャ宣言以降、学位プログラム化に取り組んできた欧州チューニングの学位プログラム設計原理を整理した上で、取組を実質化するためには大学教育のエキスパート・ジャッジメントが不可欠である点を指摘し、それを涵養することを目指す米国・欧州・日本の先行事例を紹介する。日本の高等教育政策の文脈において、学位プログラムを実質化させる具体的方法とは、大学教員のエキスパート・ジャッジメントを涵養する取組を粘り強く続けていくことであり、学修成果に基づく教育を重視する組織文化を醸成していくことである。
A degree program represents a set of courses and modules organized in a way best fit for students to achieve the learning outcomes required to be awarded the degree. Developing degree programs requires a shift in approach from faculty-centered to student-centered, where curriculum represents not the comprehensive listing of courses and modules offered by the faculty, but rather the parsimonious set of courses and modules actually taken by the students. This paper will describe the principles of degree program design by focusing on the experience of Tuning, a European initiative pursued by faculty in response to the 1999 Bologna Declaration. The paper will argue that the development of faculty expert judgment is critically important to substantiate the implementation of degree programs. Examples of efforts taking place in the United States, Europe, and Japan aiming to develop such expert judgment will be introduced. A concrete level recommendation for the implementation of degree programs within the context of Japanese higher education policy includes a persistent effort towards developing faculty expert judgment, thereby fostering within higher education institutions an organizational culture that value learning outcomes-based education.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/230545/1/R.H.E_023_085.pdf

Number of accesses :  

Other information