Departmental Bulletin Paper <実践報告>学生が自己評価基準を設定し学習内容の振り返りを行う大学授業の実践と評価
<Educational Practice Reports>Practical Study of Reflection through a Course using Students' Self-Evaluation Criteria

森, 裕生  ,  網岡, 敬之  ,  江木, 啓訓  ,  尾澤, 重知

23pp.13 - 24 , 2017-12-01 , 京都大学高等教育研究開発推進センター
ISSN:1341-4836
NCID:AN10487452
Description
学期を通した学習内容の振り返りを促進するために、学生が「自己評価基準」「自己評価点」「自己評価基準の説明及び自己評価点の根拠」を検討する課題を取り入れた大学授業を2年間にわたり研究対象とした。1年目は最終回の授業で授業前と授業後の学生自身の「成長」に関するワークを、2年目は1年目の実績に基づいて授業デザインを変更し演習課題を通して身についた「能力・スキル」に関するワークを導入した。学生の提出した自己評価課題を質的に分析した結果、1年目は自己評価基準の51%にグループワークや演習課題の取り組み等の「授業形式」に関する自己評価基準が取り上げられた。授業デザインの変更を行った2年目は「授業形式」に関する自己評価基準は13%に減少した。また2年目は1年目と比較して(1)授業外で授業内容の応用に関する自己評価や自身の演習課題の回答などの学習プロセスに着目した自己評価が行われたこと、(2)自己評価基準の説明と根拠として、学生自身の学習プロセスと授業外での知識の応用に関する活動を融合させながら自己評価が行われたことなどが明らかになった。
This article describes a two-year design-based research of an undergraduate course. This study aims to identify the characteristics of students' self-evaluation, for which they set their own evaluation criteria. In the first year, the students evaluated their learning from the course by comparing their learning status at the beginning of the semester to that in the end. A qualitative analysis of the self-evaluation form showed that approximately 51% of the self-evaluation criteria focused on students' involvement, such as the percentage of attendance and their level of participation in group sessions in the class. In the second year, we changed the instruction in the final lesson and encouraged students to focus on their competencies and the skills acquired through the exercises in each lesson. As a result, the evaluation criteria focusing on students' attitude decreased to 13%. We found that almost all students focused on learning and applying the course content outside class. We discuss the influence of the course structure and teaching methods on students' understanding.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/230538/1/R.H.E_023_013.pdf

Number of accesses :  

Other information