紀要論文 <講義ノート>量子スピン系のマテリアルデザイン(第61回物性若手夏の学校 集中ゼミ)

山口, 博則

6 ( 4 )  , p.[1] , 2017-11 , 物性研究・電子版 編集委員会
内容記述
第61回物性若手夏の学校 集中ゼミ
局在したスピンをもつ物質においては、それらの磁気的な繋がり方を示すスピンモデルが、磁性を特徴付ける支配的な要因となる。量子スピン系においては、スピンの量子性が顕著に現れるスピンモデルが形成されており、特異な量子状態が出現する。スピンの繋がり方を制御してスピンモデルを設計することが可能になれば、新たな量子物性の発現、さらには量子物性の制御による新しいデバイスの開発にも繋がる。本稿では、それらを可能にする有力な候補である有機ラジカル系による磁性体開発に関して、これまでの課題と最近の進展を解説する。さらに、最近筆者たちが実現したユニークなスピンモデルを、量子スピン系研究の観点から紹介する。
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/229038/1/bussei_el_064216.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報