紀要論文 <講義ノート>可解量子スピン鎖と場の理論 : 散乱行列から共形不変性まで(第61回物性若手夏の学校 集中ゼミ)

松井, 千尋

6 ( 4 )  , p.[1] , 2017-11 , 物性研究・電子版 編集委員会
内容記述
第61回物性若手夏の学校 集中ゼミ
ハミルトニアンの対角化は, 量子力学系の時間発展を知る上で重要な問題である. 一般の量子系におけるハミルトニアンの対角化は困難であるが, 量子可積分系では解析的な手法によるハミルトニアンの厳密対角化が可能である. この講義ノートでは, なぜ量子可積分系でハミルトニアンの厳密対角化が可能なのか, 可解量子スピン鎖と場の理論の対応関係とは何か, またそれが共形場理論とどう関係するかを解説する.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/229037/1/bussei_el_064215.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報