Departmental Bulletin Paper <特集論文 2>女性のファッション -- バカ・ピグミーの刺青実践を事例に
Women’s Fashion : The Case of Tattoo Practice among the Baka Pygmy

彭, 宇潔

9 ( 2017 )  , pp.331 - 346 , 2017-12-31 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野
ISSN:2188-5974
NCID:AA12260795
Description
本研究における現地調査は科学研究費補助金新学術領域「ネアンデルタールとサピエンス交替劇の真相 --学習能力の進化に基づく実証的研究」(2010-2014)を用いておこなった。また、本稿は科学研究費補助金基盤研究(A)「アフリカ狩猟採集民・農牧民のコンタクト・ゾーンにおける景観形成の自然誌」を用いて文献調査及び執筆をおこなった。
バカはアフリカのコンゴ盆地熱帯雨林に住むピグミー系狩猟採集集団の一つであり、非階層的な社会としてよく知られている。彼らの皮膚には数多くの傷跡が見られる。それらは伝統的な治療や日常的な怪我によって残された傷跡のほか、装飾のために残した刺青もあり、バカ語で「tele」と呼ばれる。刺青は、バカのあいだで昔から伝承されてきた身体装飾の一つである。本稿では、バカたちに見られる刺青実践に関する民族誌的な記述を提供し、バカの人々における社会文化的意味を明らかにする。聞き取り調査やバカの人々との日常会話によると、彼らは常に、刺青はファッション(nyanga)のためのものだと主張し、さらにそれは「女性のファッション」だと説明する。しかし、長期のフィールドワークにおける参与観察を通して、バカの人々は類似したスタイルを共有し、刺青を彫る過程に高い関心を持つ一方で、施術された結果をしばしば無視することがわかった。彼らが語る施術の動機と、施術(後)実践に見られる不一致は、刺青の象徴的な意味がバカの施術時の言動と必ずしも連関していないことを示している。したがって、バカ社会における刺青の施術は、結果としての刺青の模様の統一よりも、個々人の施術への参加が重要だと考えられる。そうした刺青の施術過程によって、身体に刻み込まれた刺青は、バカ社会における個人間の親密性を反映する証拠となる。
The Baka is one of the Pygmy hunter-gatherer groups who live in the rainforest of central Africa and is known for its non-hierarchical society. They have numerous scars on their skin, such as tattoos that are only for decoration and scars caused by traditional medical treatments or accidental injuries. A popular traditional medical treatment of the Baka is bloodletting, which makes massive scars on their skin. On the other hand, tattoos, which are called 'tele' in the Baka language, are a traditional way to decorate their bodies. This paper provides ethnographic description about the practice of tattooing among the Baka people and aims to figure out the socio-cultural meanings of tattoos for them. During interviews and daily chatting with the Baka, they always assert that tattoos are for achieving fashion (nyanga), and therefore they consider their tattoos to be 'women's fashion.' However, through ethnographic observation of the practices of tattooing, I found the Baka share a similar style at the present moment and have a high interest in the process of tattooing, but often ignore its result. Thus among the Baka, the performance of tattooing should be understood as a process of connecting individuals. The mismatch found between their interpretation and carving behavior implies that the symbolic evaluation for scars might not be inevitably related to the scarifying behavior among the Baka people. It is suggested that, individuals are connected through performing scarification, but they might not be categorized into different groups only by the carved bodily symbols in Baka society.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/228327/1/ctz_9_331.pdf

Number of accesses :  

Other information