Departmental Bulletin Paper <特集論文 1>「縦深国境地帯」としてのメキシコ -- 中米移民をとりまく空間編成と社会関係についての試論
Mexico as a "Frontier Zone In-depth" : An Essay on Spatial Formation and Social Relationships Surrounding Central American Migrants

佐々木, 祐

9 ( 2017 )  , pp.242 - 263 , 2017-12-31 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野
ISSN:2188-5974
NCID:AA12260795
Description
アメリカ合衆国への「不法移民」問題は、現代社会の大きな課題の一つであり続けている。それは受け入れ国だけでなく、送り出し国(とりわけメキシコおよび中央アメリカ諸国)の社会にも重大な変化をもたらしている。本稿では特に中米出身の移民たちの存在に着目して論じることによって、「北」へ向かう国際的な人の移動が生み出した諸効果について、調査によって得られた情報を利用しながら分析する。これまで比較的論じられることの少なかった中米移民ではあるが、移民者全体におけるその割合は年々上昇しつつあり、またメキシコにおける重層的な暴力や周縁化にも曝されていることが近年明らかとなっている。彼らの通過経路となるメキシコにおける特異な空間構成について分析した後、移民を生み出す「移動の文化」と「暴力の文化」について考察する。さらに、メキシコにおける多様な経験を通じて「移動を続ける者」と「滞留する者」という分化が進展していることを指摘し、その具体的な様相についても記述する。
The problem of "undocumented migrants" has been one of the biggest issues in contemporary society. It causes profound social transformations not only in the countries that take in immigrants but also in the countries from which they are sent, as well (especially Mexico and Central America). This essay utilizes fieldwork data to describe the existence of Central American immigrants and analyze various effects brought by the global movement of people. The situation of Central American migrants had not been given much attention in the past. However, their population has been on the rise recently and their victimization occurring through violence and marginalization in Mexico has come to light. This paper analyzes their peculiar spatial organization and then discusses the problems of the "culture of violence" and the "culture of transition". Furthermore, this paper argues that the diverse experiences of migrants in Mexico have been dividing them into two groups? "those who keep moving" and "those who choose to remain", while offering a detailed description of the circumstances surrounding both.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/228323/1/ctz_9_242.pdf

Number of accesses :  

Other information