紀要論文 <論文>隣人関係における親密さと不安定さ -- 北インド・スピティ渓谷におけるチベット系民族の事例から
Neighborhood Relationships : The Case of Tibetan Buddhists in Spiti Valley, North India

中屋敷, 千尋

9 ( 2017 )  , pp.2 - 33 , 2017-12-31 , 京都大学大学院人間・環境学研究科 文化人類学分野
ISSN:2188-5974
NII書誌ID(NCID):AA12260795
内容記述
本論は、北インド・スピティ渓谷において隣人関係がどのように築かれているのかを明らかにすることを目指す。従来のチベット系社会の人々の関係に関する研究は、親族関係に焦点化したものがほとんどだが、実際の人々の生活に目を向けると、近隣住民とも親密な関係を築いていた。ここでいう近隣住民あるいは隣人は、時に友人や仕事仲間でもありうる。スピティでは、地理的な特性や歴史的な経緯が関係しつつ、隣人同士のあいだには労働や贈与交換、そして相互の食事提供といった相互扶助関係が築かれている。日々の生活において互いに手助けしあうだけでなく、頻繁に関わっている。これらの関係は必ずしも形式的にバランスのとれた関係とは限らず、不均衡を含み込んでいる場合もある。隣人同士の頻繁な関わりや扶助関係の不均衡さには、将来直面するかもしれない困難を回避するための投資という側面が関係することは否定できないが、必ずしもそれだけではない。日々関わることを通して、隣人同士のあいだには、互いに日々の感覚に組み込まれるような現象が生じていた。このともにある感覚には筆者自身も含まれるようになり、それによって義務も生じるようになった。日々の生活のみならず、結婚式や死者儀礼といった儀式や儀礼においても、隣人は労働力の提供やモノの贈与、そして感情的な支えを行うことで重要な位置を占めている。また、時には親族を超えるような隣人のふるまいもみられた。しかし、隣人同士の関係は両義的である。親密に付き合いながらも、予期せぬ結果やジレンマが生まれたり、些細なことをきっかけとして関係が疎遠になったりするなど、同化と差異化が繊細になされている。ここからは、隣人研究において議論されてきた道義と戦術の入り組んだあり方のほか、情動的なつながりがみられるとともに、これと関連して、強い紐帯が必ずしも連帯を強めるわけではなく、脆弱性をも含み込んでいることが示される。
This paper aims to clarify how neighbors relate to each other in the everyday lives of people in Spiti. Previous studies on social relationships in Tibetan Buddhist societies tend to concentrate on kinship relationships. However, in fact, people interact more within social relations with neighbors rather than with kin. Neighbors in this case are sometimes also close friends or colleagues. Neighborhood relationships in Spiti are constituted through exchanging labor and goods, eating together, aiding each other, and visiting each other’s homes. They frequently interact and help each other in their everyday lives. These relationships sometimes include large imbalances of giving and taking. Emotional ties between neighbors, constituted through interaction in their daily lives, are connected with this imbalance. I was also included in this kind of tie by my homestay family and their neighbors, and therefore was made to carry out some duties such as helping with their housework. Neighbors are also important in ceremonies and rituals such as weddings and funerals. They work for neighbors and give some food, supplies, and even mental support. Neighbors sometimes try to behave more intimately than they would with their own kin. However, neighborhood relationships include ambiguous aspects. They use different attitudes, such as assimilation or differentiation, toward their neighbors depending on small matters. What is more, sometimes an unexpected result or contradiction can occur in relations with neighbors. This paper shows the more complicated issues centered on morality and tactics that also relate to the strength of people’s ties and solidarity.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/228314/1/ctz_9_2.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報