Research Paper 京都大学臨界集合体実験装置における100MeV 陽子を用いた加速器駆動システムの固体Pb-Bi の中性子特性に関する実験ベンチマーク
Experimental Benchmarks of Neutronics on Solid Pb-Bi in Accelerator-Driven System with 100 MeV Protons at Kyoto University Critical Assembly

Pyeon, Cheol Ho

1pp.1 - 53 , 2017-07 , The Research Reactor Institute, Kyoto University
ISSN:0287-9808
NCID:AN00350269
Description
この実験ベンチマーク問題は、国際原子力機関(IAEA)において2016 年から2018年にかけて行われた国際共同研究プロジェクトT33002「加速器駆動システム(ADS)とADS における低濃縮ウラニウムの利用」の一部として採択された「京都大学臨界集合体実験装置における100 MeV 陽子を用いた加速器駆動システムの固体Pb-Bi の中性子特性に関する実験ベンチマーク」である。この実験ベンチマーク問題は、KUCA のA 架台において行われたFFAG 加速器から得られる核破砕中性子を用いた実験を通して、ADS におけるPb-Bi の基礎研究の発展に貢献することを目的としている。
These experimental benchmarks were contributed to the Coordinated Research Project (CRP) T33002 in the International Atomic Energy Agency (IAEA), as entitled “Accelerator Driven Systems (ADS) and Use of Low-Enriched Uranium in ADS, ” from 2016 to 2018. The main objective of these benchmarks is to contribute to research and development of Pb-Bi neutronics in ADS through the experimental data with the use of spallation neutrons generated by 100 MeV protons and Pb-Bi target carried out at the Kyoto University Critical Assembly (KUCA) A-core.
Full-Text

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/227254/1/etr001.pdf

Number of accesses :  

Other information