学術雑誌論文 <論文・報告>コナラから放出される揮発性有機化合物の調査

Higaki, Yuya  ,  Ito, Kensuke  ,  Fujii, Tomihide  ,  Kishimoto, Iori  ,  Sakamoto, Yousuke  ,  Kajii, Yoshizumi

2pp.100 - 105 , 2017-03 , 京都大学学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット
内容記述
温度および光強度を制御し日変動を模擬的に再現した植物チャンバー内において,わが国の優勢樹種であるコナラから放出される揮発性有機化合物(VOCs)濃度を陽子移動型質量分析計(PTR-MS)により測定し,同時にレーザー分光法による総OH 反応性を測定した.主な放出物としてイソプレンが確認されたが一般的に用いられているG93放出モデルには従わないことが示唆された.また,個々のVOCs測定から導かれる総OH反応性の計算値とレーザーにより実測される値の比較を行ったところ,未知VOCs の放出が確認され,イソプレンの放出挙動との高い相関が示された.以上の結果より,現状におけるコナラからのVOCs 放出の理解は不十分であり,オゾン生成ポテンシャル等の大気質モデルのより正確な構築のためにはVOCs 放出の再調査が必要と考えられる. Using proton transfer reaction?mass spectrometry and laser spectrometry, we have measured the concentration and the total OH reactivity of volatile organic compounds (VOCs) emitted from Quercus serrata, a dominant tree species in Japan, placed in a plant chamber with artificially generated diurnal variation of temperature and light intensity. We determined that isoprene was the dominant species. Isoprene emission from Quercus serrata has been thought to not conform to the typically used G93 emission model. The total OH reactivity we measured was comparable to that calculated using VOC concentrations, and we estimated the OH reactivity originating from unknown VOCs. Unknown VOCs showed strong correlation with isoprene emission. These results suggest that our understanding of VOC emissions from plants, including Quercus serrata, is lacking. We propose that VOC emissions be reexamined in order to improve air quality models, ozone formation potential, and other applications that depend on emissions data.
本文を読む

http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/224837/1/ELCAS_J_2_100.PDF

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報